ヘッドライトリフレッシュ

経年劣化でヘッドライトレンズに黄ばみやくすみが発生したヘッドライトをリフレッシュします。
強固で透明感のあるコーティングを施工し黄ばみの再発を抑えます。

  • HOME
  • ヘッドライトリフレッシュ&コーティング

ヘッドライトリフレッシュ(黄ばみ取り)&コーティング施工

ヘッドライトリフレッシュキャンペーン

現在多くの車種でヘッドライトはプラスチック素材(ポリカーボネード)が主流となっており、様々な要因で劣化してきます。

紫外線の影響と汚れの蓄積による劣化

トヨタウィッシュのヘッドライトレンズ劣化による黄ばみが全体に発生

劣化の原因で一番多いのが左画像の様な紫外線の影響や汚れの蓄積です。

ヘッドライト表面に蓄積したワックス等の石油系溶剤や植物系油脂(松脂や花粉等)が太陽光に含まれる紫外線により劣化し酸化していきます。

長期間、紫外線に晒された場合に起こりやすく、露天駐車の場合や年数の経過した車両や、カーポートなどで太陽光が片方だけ当たっている場合等では片方だけ劣化が進むのはこの為です。

露天駐車を行っていない車両でも、走行中に紫外線が当たりやすいヘッドライト上部等から劣化が始まっていくのもこれらが原因です。

ヘッドライトの劣化の進行段階

飛び石などによるハードコート層のキズ

劣化の初期段階では飛び石などによりハードコート層にキズ等が発生し、それが積み重なることで表面の透明度が下がっている状態です。

ハードコート層は薄膜の為、ハードコート層だけでなくポリカーボネートまでダメージが到達してしまう場合が御座います。

このまま放置をしてしまうとさらに劣化が進行してしまいます。

ハードコート層の黄変(黄ばみ)

ハードコート層が劣化し、黄色く変色している状態です。劣化の進み具合により対処方法は変わりますが、ほとんどの場合は汚れの蓄積による酸化と共に発生します。

さらに劣化が進むとひび割れなどが発生します。

劣化による黄ばみの進行

ハードコート層のひび割れ

ハードコート層の劣化が進み、ひび割れが発生してしまいす。

この段階になるとハードコート層が機能していない為、ポリカーボネート自体の劣化も発生し始めます。

ポリカーボネートの劣化

ハードコート層の劣化により、ポリカーボネート自体が直接紫外線に晒され、最終的にはクラックが入ってしまいます。

ほとんどの場合、ポリカーボネートの黄変(黄ばみ)が起こる前にクラックが入る場合が多いです、このクラックを完全除去することは現実的に困難であり、部品交換が必要になります。

ポリカーボネートの劣化

ヘッドライトリフレッシュで劣化した黄ばみも無くなり透明感がアップしたヘッドライトへ復活致します。

長期間放置してしまうと表面だけでなく、レンズ自体の強度が無くなり高額なヘッドライト交換となってしまいます。

そうなる前にヘッドライトリフレッシュ(黄ばみ除去とコーティング)をお勧め致します。

ヘッドライトリフレッシュ(黄ばみ取り)キャンペーン実施中

黄ばんだヘットライトはお車が古く汚れたイメージになってしまいます。

ヘットライトレンズを綺麗なクリアーに戻す事でお車全体のイメージも一新します。

只今ヘッドライトリフレッシュ(黄ばみ取り)キャンペーン実施中です。

劣化が酷くなる前にお気軽にご相談下さい。

ヘッドライトの黄ばみ除去
ヘッドライトの状態 内容 キャンペーン料金(1台)
ヘッドライト劣化による黄ばみのある車両 黄ばみを除去しライトコーティングを施します 10.000円~

ヘッドライトリフレッシュキャンペーンを開催中です。
ヘッドライトの劣化(黄ばみ)についてはこちらもご確認下さい。

ヘッドライトリフレッシュキャンペーン